dust and the world

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書日記(8月12日)

<<   作成日時 : 2005/08/12 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北野勇作「どーなつ」読了。
連作短編集だったことに読んでいる途中から気がついた。
不思議な雰囲気を醸し出す作家だ。
同じ構想、物語を全く異なる言葉で書きなおしたら、それはそれで素晴らしい作品になるだろう。
たとえば神林長平とかが書きなおしたら、なんて想像してみるのも面白い。

小川一水「復活の地T」(ハヤカワ文庫JA761)を読み始める。
アニメのキャラクターのような人物が描かれた表紙が好きになれなくて長いこと読んでいなかったが、ついに挑戦する。復活の地 1
復活の地 1 (ハヤカワ文庫 JA)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書日記(8月12日) dust and the world/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる