dust and the world

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田正紀『ミステリ・オペラ』(上・下)読了しました

<<   作成日時 : 2005/09/14 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

非常に時間がかかりました。
上下巻合わせて1000ページ以上、おそらく原稿用紙1600枚ぐらいではないでしょうか。
入り乱れたストーリーが難解で、少しづつしか読み進められませんでした。
これはSFじゃないのかな、と思って読んでいましたが、SFではなかったのですね。
ハヤカワ文庫JAで、SF作家の作品だからといって、SFとは限らない、と。
まあ、コミックも毎月出ているので、いまさらそんなことに気がつくなといいたいですが、今後は何でもありの文庫だと思っといたほうがショックが少ないかな。
もっとも作品のレベルは小説だろうと、コミックだろうとそれなりなので安心ですが。
感想は、正直書きようがないです。
自分には難易度が高すぎる気がしてます。
面白かったのですが、感想となると、書きづらいのです。
でも、しつこいですが面白いです。
ミステリ・オペラ (上)
ミステリ・オペラ (上) (ハヤカワ文庫 JA (811))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボリュームに圧倒され、たくさん出てくる細かなトリックがお粗末だなとの印象が残って、肝心の大筋は何だったのだろうとこれが記憶に無い。難しすぎるミステリーはマニアにはそれなりに評価できるでしょうがシロウトには感心できませんね。
よっちゃん
2005/09/14 10:08
こんにちは。
コメントありがとうございます。
ストーリーは面白いと思いますし、検閲図書館なんていう、名前にも惹かれるものがありますが、長い、複雑という点で、再度読み返すことはないだろうと思います。
cbjim
2005/09/14 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
山田正紀『ミステリ・オペラ』(上・下)読了しました dust and the world/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる