dust and the world

アクセスカウンタ

zoom RSS キャプテン・フューチャー全集9巻感想文です(前編)

<<   作成日時 : 2005/10/10 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京創元社から刊行中の全集は2冊合本ですので、感想はそれぞれの物語ごとに書きます。

『フューチャーメン暗殺計画』

邦題は分かり易くインパクトがありますが、少し大げさです。
原題はDAYS OF CREATION。
おそらく、フューチャー達が人工問題解決の為に新たな惑星を作るというエピソードから付けられたものでしょう。
創造の日々、天地創造みたいな感じでしょうか。
それに絡む利害関係から暗殺計画がはじまるのですが、暗殺自体は数ページで実行されてしまいます。
物語はそれで記憶を失ったキャプテン・フューチャーと仲間達が悪事を防ぐ内容です。
作者はハミルトンではなく、ジョゼフ・サマクスンという方ですが、訳者が野田昌弘ですので違和感なく読めます。
相変わらず勧善懲悪な物語ですので、すべてフューチャーたちに都合良く物語は進みます。
危機に陥ると、新たな機械を発明し(作り上げ)のりきってくれます。
現代のSFでそんなことをしたら誰も相手にしてくれませんが、読者はそれを楽しみにしているわけで、悪いところはひとつもありません。
読書、特にSFジャンルに娯楽を求めるかたには、十分満足できる作品です。
でもがちがちのハードSFファン、古典SFを認めない方は読まないでね。

フューチャーメン暗殺計画 危機を呼ぶ赤い太陽
フューチャーメン暗殺計画/危機を呼ぶ赤い太陽 <キャプテン・フューチャー全集9>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャプテン・フューチャー全集9巻感想文です(前編) dust and the world/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる