dust and the world

アクセスカウンタ

zoom RSS とり みき「クルクルくりん 3」の感想です

<<   作成日時 : 2005/11/17 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クルクルくりん (3)
完結編!今回も表紙は似てないくりんです
各エピソードのシュールなギャグの完成度、また、物語としての完成度は2巻収録分から急激に向上したが、最終巻収録の物語も高いレベルを維持しており、非常に楽しむ事ができます。
今回収録分には、マイケル・ジャクソンをネタにしたものが度々登場しているのが、連載された時代をうかがわせます。
一話、一話が良くまとまっているので、最終話は、この物語全体としてどのような結末をつけるのか大変興味がありました。
結果、この種のものとしてはありがちですが、個人的には十分納得できる結末だと思います。
また、その結末に対しては3話分をかけており、内容が密になって、最終話としてふさわしい出来栄えでした。
後書きマンガでは、連載時に次第に線が変化していった事や、ドラマ化等で周囲が盛り上がっている環境の中で、なぜ終了させたかという裏話が、作者自ら語られて、作品に対する愛情が伝わってきます。
文庫本表紙のくりんに対して、似てないと言わないように!とありましたが、そう感じたのが自分だけではない事を知り、笑ってしまいました。
後書きマンガ内では、連載時のくりんを登場させているので、何か意図があって、わざと大人びた彼女を描いたのではないでしょうか。

以上アマゾンにも投稿しておきます。
クルクルくりん (3) (ハヤカワコミック文庫 (JA821))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とり みき「クルクルくりん 3」の感想です dust and the world/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる