dust and the world

アクセスカウンタ

zoom RSS 現在読書中!栗本薫「流星のサドル」やおいなのか!な?

<<   作成日時 : 2006/04/14 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グインを105巻から読み始めた勢いで、105巻こそ通勤時間にしか読まなかったので一週間かかりましたが、106巻は1日で読み終えました。
で、107巻も読み始めたのですが、いや、面白いのですけど、さすがにグインが出てないと、勢いだけでは読めなかった。
というわけで途中で他の本を読み始めました。
すでに読み終えたのが、田中哲弥『やみなべの陰謀』、清原 なつの『飛鳥昔語り』。
田中哲弥生氏の本は電撃文庫とかいうライトノベル系の文庫シリーズで出版されていたものの再刊らしいです。
この本読むまで、この作者の事は全くしりませんでした。
いわゆるライトノベルというのは、この年になると買えません。コバルト文庫もしかり。
清原なつのは漫画ですが、一つだけ読んだ事のある物語が入ってました。
全然記憶になかったのですが、なんとなく登場人物とかに覚えが。
妹が持ってた雑誌にでもついていたのかな。
そして御大、栗本薫氏の新刊やおいを読んでます。
これまた大変な少女漫画風の表紙で、しかもクリスタル文庫なんていうそれ系の話ばかりだしてるとこなので、書店で購入するのに非常に勇気が要りました。
置いてある棚の周囲はコバルト文庫とか、そんなばっかだし。
だけど、登場人物が矢代俊一(昔、角川で映画化されたキャバレーの主役)です。
まあ、その矢代俊一の描き方については、実は少々不満があることはあるのですが、物語自体は面白そう。
様々な物語の隙間を埋めるエピソードのようです。
はやく読んでしまいたいのですが、通勤中におおっぴらに読めないのが残念!

流星のサドル
流星のサドル (クリスタル文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現在読書中!栗本薫「流星のサドル」やおいなのか!な? dust and the world/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる